よりよい神社婚を挙げるために!神社ごとの特徴や心掛けるべき点

本格的な結婚式とは?

日本では、長く結婚式は自宅で行われてきましたよね。特に庶民の間では自宅での結婚式が一般的で、そこに親族が集まり、三三九度の杯で結婚を誓うやり方が続けられてきましたね。神前結婚式が普及するようになるのは、大正天皇の婚礼が神前式で行われたのがきっかけだったと言われているんですよ。最近では、洋装が一般的になり、ウエディングドレスを着たいということで、キリスト教式の結婚式が選択されることが増えてきましたよね。キリスト教式は、正規の教会ではない教会風の式場で行われることが多く、牧師もアルバイトであったりしますね。その点では、神社で挙げる神前式のほうが本格的な結婚式と言えるでしょう。

神社による違いとは?

神前式の結婚式を積極的に広める先鞭をつけたのは、東京飯田橋の東京大神宮だと言われていますね。それから他の神社にも波及し、多くの神社が神前式の結婚式に力を入れるようになったんですよね。その点では、結婚式の形式には神社による違いは少なく、ほぼ共通したやり方がとられていますね。つまり、この神社では、こうした特徴があるというようにはなっていないんですよね。では、どこの神社を選ぶかですが、一番基本的な考え方としては、自分の家が氏子になっている地域の神社を選ぶというのが好ましいでしょう。

結婚式場にふさわしい神社とは?

地域の神社は氏神であり、氏子はそこで祀られた神に守られていますよね。その氏神のもとで挙式をするというのが、最も理にかなっていますね。七五三に地域の神社に参るのと同じですよ。ただ、地域の神社では規模が小さく、結婚式を挙げられない場合もあるでしょう。そうであれば、いつも初詣に出かけるより規模の大きな神社を選択するというのが次の候補になりますね。初めて訪れる神社よりも、普段なじみのある神社のほうが、結びつきもあり、式場としてはふさわしいでしょう。

お台場の結婚式場では、お洒落感の漂う環境において結婚式を行うことができる点が大きな魅力となっている他、演出プランが充実している点も魅力です。

自由な場所で挙げられる!?結婚式場のあれこれ

定番のウエディングなら通常の式場で

披露宴を行い参列者に祝ってもらう通常の結婚式の場合には全国各地にある専門の結婚式場で挙式するのが一番です。式場は小規模なものから大規模なものまで様々ですから披露宴を盛大に行ってみたい夫婦の方でもベストな会場をチョイスできます。式場では各種貸衣装や演出などをすべて込みの価格で提供してくれるので結婚式の式次第などをすべて会場の人に任せてみることも可能です。結婚式場は事前に見学できるところがほとんどです。

プラーベートでできるレストランウエディング

プライベートで小規模挙式をするならレストランウエディングを選ぶのも最適です。この挙式方法では結婚式ができるレストランを貸し切って行うこととなりますからリラックスした雰囲気の中で楽しく挙式が出来ます。レストランですから料理も趣向を凝らした物を提供してくれるので参列者にも喜んでもらえます。レストランウエディングの場合には通常の式場よりも安く済ませることができるので予算が少ない場合に適している挙式方法です。

ゲストハウスを借りておしゃれな雰囲気で結婚式を

近年流行しているのはゲストハウスウエディングです。西欧風や南欧風のエキゾチックなゲストハウスを貸し切って行うゲストハウスウエディングならばおしゃれな雰囲気で非日常の空間で祝福してもらうことが可能です。ゲストハウスの種類は人数や好みに合わせて選べるので少人数の場合なら小さなハウスを大人数を招待する場合には広いゲストハウスを予約するのがよいでしょう。ゲストハウスは全国各地にあるので夫婦で気に入るものを探すのが一番です。

もともと神戸は港町でもあり、異国情緒の漂う街並みが魅力ですが中でも昔から外国人が住むことが多かったのが北野です。そんな神戸北野の結婚式場では、雰囲気も最高なウェディングが挙げられます。